住宅の売却|中古住宅を購入するときは住宅診断で不安を解消しよう

中古住宅を購入するときは住宅診断で不安を解消しよう

住宅の売却

つみきとお金

住宅ローンの返済

福岡市には多くの人が住んでおり、お店や企業の多い都市です。また、毎日福岡市に通勤、通学する人もかなりいます。福岡市外から通勤している人は、近隣の市にマイホームを建てていることが多いです。福岡のサラリーマンの永年の夢は、マイホームの取得であると云われています。マイホームを取得する多くの人は、購入資金の一部を現金で支払い、その残額を長期間で返済する住宅ローンで支払っています。住宅ローンの年間の返済額は、年収の2割から3割が理想とされています。また、マイホームの取得後には、マイホームを維持・管理していくための固定資産税や火災保険料、修繕費等が発生します。これらを十分に考慮して、住宅ローンを使用する必要があります。

返済が不可能となった場合

住宅ローンを使用する場合は、マイホームの土地や建物が抵当になっています。万が一、住宅ローンの返済が不可能となった場合には、債権者である金融機関は抵当になっているマイホームを競売することになります。競売となった場合には、マイホームは売却されますが、競売の金額が住宅ローンの残額に不足する場合には、更にローンの残額を返済し続ける必要があります。競売を行った場合には売価金額は低めとなる傾向がありますので、競売よりも任意売却を選択する方が有利となる場合があります。福岡で任意売却を行う場合には、債権者である金融機関と相談したうえで任意売却を行うこととなります。金融機関が任意売却を行う場合には、多くの時間と労力を必要とすることや競売による回収金額が低額となるため、債権者である金融機関にもメリットがあります。