遠く離れていても安心|中古住宅を購入するときは住宅診断で不安を解消しよう

中古住宅を購入するときは住宅診断で不安を解消しよう

遠く離れていても安心

メンズ

家を良い状態に保つ

家は換気をしないと早く傷みます。空き家のままにしておくと家が傷むだけではなく、泥棒が入ったり動物がすみつく場合もあります。家をなるべく良い状態に保ちたいのなら、月に1度は換気をしたり通水することが大切です。空き家でも郵便受けにはチラシなどが配布されるので、それを回収しておかないと通行人にも誰も住んでいないことがわかってしまいます。自分で出来ないのなら空き家管理のサービスを頼むのも良い方法です。換気や清掃、郵便物の整理や庭の草取りなどもやってもらえます。家が傷むのを防ぐだけではなく周囲の美観をそこねないので近所の人に迷惑をかけることがありません。不法侵入を防ぐことができるだけではなく、仮にあってもすぐに対処できるので安心です。

災害が起きた時は

空き家にしていて心配なのは地震や台風などの自然災害が起こった時です。家が損害を受けていた時にはすぐに修理をしておかないと、被害が大きくなることもあります。空き家管理サービスを行っている会社では災害時に臨時に巡回を行っているところもあります。こういったサービスに加入しておかないと、知人や自治体などから連絡がないと家が損害を受けていることがわかりません。損壊がひどい場合は管理責任を問われることもあるので注意が必要です。空き家は管理が必要なだけではなく固定資産税などもかかります。また災害に備えるためには火災保険も必要となってきます。人に貸したり売却することも考えた方が良いでしょう。再び住む予定があるのなら期間を決めて人に貸すリロケーションという方法もあります。