中古住宅を購入するときは住宅診断で不安を解消しよう

遠く離れていても安心

メンズ

空き家にすると早く家が傷むため月に1度は換気や通水が必要です。自分でできないのなら空き家管理サービスを行っている会社に頼むのも良いでしょう。換気などの他に掃除や郵便物の整理、草取りなども頼めます。掃除が行き届いていると空き家だとわかりにくくなるので、不法侵入なども防げます。

More Detail

中古住宅を購入する前に

部屋

不安が解消できます

住宅の購入を検討した際、価格の高い新築物件より比較的割安な中古物件に魅力を感じる人は多いのではないでしょうか。ただ、中古物件となると欠陥があるかどうか不安ですよね。そこで利用したいのが住宅診断です。住宅診断とは住宅の品質を検査するもので、公的制度と民間によるものがあります。公的制度は国の基準を満たした機関が検査するので安心ですが、検査箇所は構造上主要な部分だけで、利用できる時期も購入時やリフォーム時に限られます。民間の住宅診断は利用者の希望に合わせて細部まで検査し、いつでも利用できますが、業者によって技術力にばらつきがあります。こうしたそれぞれの特徴をふまえたうえで、うまく組み合わせて利用すれば不安解消につながります。

活用したい公的制度

次に、公的制度にはどのようなものがあるか見ていきたいと思います。中古物件を購入後リフォームするなら、国の基準を満たすようリフォームすることを条件に利用できる制度があります。フラット35リノベは、住宅金融支援機構のリフォーム向け融資が通常よりも低い金利で受けられます。また、長期優良住宅化リフォーム推進事業ではリフォームにかかる費用の一部が国土交通省から補助されます。これら2つの制度は第三者機関による工事前の検査とリフォーム計画のチェック、工事後の検査が必要ですが、経済的支援を受けながら国の基準を満たす住宅診断が受けられます。住宅の購入は大きな買い物です。後で後悔しないためにも公的制度を活用して、品質の良い中古物件を手にしてはいかがでしょうか。

住宅の売却

つみきとお金

住宅を取得する際には、多くの人は住宅ローンを使用しています。福岡で住宅ローンの返済が不可能となった場合には住宅は競売されますが、その際には任意売却を選択した場合が有利となる場合があります。

More Detail

売る時の流れ

マネー

熊本で住まいを売却する時に必要な流れを理解しておけば、スムーズに行動することが出来るでしょう。不動産売却に関しては、不動産業者に協力を依頼する事をおすすめします。

More Detail